Frontier Packraft HB-250(フロンティア パックラフト HB-250)

 

今シーズンからパドルクエスト で取り扱いはじめたパックラフト「Frontier(フロンティア)」

女性スタッフにセットアップをしてもらいました。

 

 

驚くほど軽量で陸上での機動力に優れるパックラフト。
必要な道具をコンパクトにまとめれば、ダウンリバーなどでも、車による回送などの必要もなく、自己完結型で遊べるので、車を持っていない方や体力のない女性でも楽しむことが可能です。

 

 

パックラフト本体、バックレスト、フロアマットとインフレーションバックを付属のバックの収納した状態。非常にコンパクト。パックラフト本体はHB-250でデータ値3.5kg
収納するバックに関しては、付属品ではないSEALLINEなどのショルダーハーネス付きのドライバックや他のブランドの大型のメッシュバックなどうまく活用したいところです。このあたりはスタッフで探求していきたいと思います。

 

 

こちらがインフレーションバック。こちらを使用して効率よくパックラフトを膨らませていきます。パックラフト本体(フロアマット)には二重構造のバルブが取り付けられています。まずはフロアマットから膨らませます。

 

 

膨らませたフロアマットを、パックラフト本体にセットしてから本体を膨らませます。

 

 

 

 

本体の逆止弁(一方弁)のバルブを外して全開放し、インフレーションバックのノズル部分も先端パーツも外してから接続します。

 

 

 

インフレーションバックを開き空気大きく含ませてから、入り口を閉じてバック自体に圧力をかけてパックラフト本体に空気を送り込みます。
ある程度まで膨らんだら、本体の逆止弁(一方弁)を取り付け、インフレーションバックのノズルの先端パーツを取り付けて、再度インフレーションバックで圧力をかけながら膨らませます。

 

 

 

 

逆止弁(一方弁)になっているので、押し込んだ空気がそとに漏れ出ることが無く、インフレーションバックで一回分の圧力をかければパツンパツンに膨らみます。

 

 

 

 

最後にスターン側(後ろ側)の4箇所のラッシュポイントにEVA製のバックレストを取り付けて完成。この間、5分程度。とくに力も必要とせず女性でも問題なくセットアップ可能です。

 

 

フロンティアパックラフトに関しては店頭に4モデルを展示中。在庫もあります。
近日中に試乗会も開催予定です。

 

PADDLE QUEST ONLINE STORE フロンティアパックラフトページ
https://paddle-quest.com/e-shop/products/list.php?category_id=344

 

詳しくはお問い合わせください。

 

都心唯一のカヌー、カヤック、SUP専門店 パドルクエスト
〒130-0002 東京都墨田区業平4-6-11
TEL:03-6456-1712
https://paddle-quest.com/
*火曜日・水曜日は定休日です

 

#kayak, #canoe, #sup, #packraft, #paddle, #paddling, #paddlequest, #パドルクエスト, #カヤック, #カヌー, #パックラフト, #outdoor,  #アウトドア, #パドリングスクール, #カヤックスクール, #カヌースクール

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2020年06月09日